2016年度ガイダンスによると、やっぱり有名な消費者金融の比較が絶対おすすめ!口コミ等で主婦の方でも知っているので条件によっては安心して借り入れが可能かも!

主婦は消費者金融の審査に通りにくい??

やっぱり主婦となると消費者金融の審査に通りにくいのかな??

主婦は、消費者金融の審査に通りにくいといわれています。理由として挙げられているのが、収入減が明確でないことです。定期的に安定した収入、つまり公務員や大企業の社員であればローンの申請はすぐに通ります。しかし、主婦の場合、返済するアテがはっきりしないため、消費者金融の審査には通りにくく、低収入がある、パートなどで働きに出ている場合には払える範囲であれば通る場合もあるので、事前に確認が必要です。

 

最近では低額のカードローンであれば、女性だけのローンを提供している会社であれば通りやすいところも出てきました。この場合、返済するときに判断されるのはパートナーの勤務先、また月々の収入がどれくらいなのかです。返済できる能力を持つ人の収入を調べられるのは当然であり、審査に通りやすい場合にはパートナーの勤務先が公務員、あるいは大企業など信用が高い企業であると考えられます。そのため、パートナーの商人が必要となる場合があるので、利用するときにハードルが高いと考える人も少なくありませんでした。 しかし、昨今銀行のカードローンであれば、総量規制の範囲外のため、主婦でも身分証だけで審査に通る場合もあります。この場合、収入を得ているパートナーの意志を得ずとも返済能力がある人であれば、申請が可能です。 また、銀行のカードローンの場合には、返済能力が低いと判断される専業の主婦向けなどに低価格でのローン枠となっています。そのため、低収入あるいは無収入としての主婦であっても、申し込みやすいローンです。

 

申請する方法も簡単で、電話での申し込みで短時間での審査によって、結果と負った場合にはネットバンクなど希望している金融機関に希望額を提供してくれます。 なお、申し込みの際にはインターネットバンクに口座があると便利です。ネット銀行はスピーディーに支払いが可能となっているため、支払いに対してもスムーズに行え、快適に支払えるからです。また、Webでの申し込みが可能なところも多いので、電話で申し込むことに抵抗がある人に人気の申し込み方法といえます。 申し込むときにも最低限の申請で審査に通った場合には、すぐに提供してもらえ、返済も多彩な方法があるため便利です。インターネット銀行からならば、即日振り込んで返済期日に間に合うことも簡単となっています。スマートフォンからも簡単にアクセスできるため、外出先から必要なお金を申し込む人もいます。

主婦の消費者金融限度額ってどれくらいなの??

主婦の消費者金融限度額、つまりどれくらい借りれるの?

審査のことが分かってきたら、次に気になるのが「どのくらい借りれるのか?ですよね。 2010年6月の貸金業法改正に伴って、収入がない主婦への融資は不可となりました。貸金業法の総量規制によって、「個人の年収の3分の1以上の融資を行なってはいけない」と定められており、収入がない主婦の方への融資が行えなくなりました。主婦でもパートやアルバイトで安定した収入がある方であれば、消費者金融のカードローンに申し込むことができるのですが、主婦は申し込むことはできません。

 

消費者金融の場合には、貸金業法の管理下にあり、総量規制に対象となるために主婦の申し込みはできませんが、銀行のカードローンであれば、自身に収入のない主婦の方でも申込むことができます。銀行は銀行法の管理下にあり、貸金業法の管理下ではありませんので、総量規制の対象外となっているからです。ゆえに、主婦の方でも、銀行カードローンであれば申し込むことができます。 ただし、銀行ごとに独自の貸し出し条件が定められており、その中に「本人に収入があること」という条件がある銀行には、申し込むことはできません。また、銀行カードローンの中でも、配偶者の同意が必要ないものと、配偶者の同意が必要なものとが存在しています。 主婦の方のカードローンの限度額に関しては、審査に通っても高額融資は基本的に行なわれていません。限度額は最大30万円が目安となります。限度額が低いために、金利は通常最高金利が適用されるようになっています。ネット銀行の場合には、限度額が30万円〜800万円の銀行も存在しており、金利は年率3.8%〜13.8%となっています。 実は、貸金業法の総量規制には、「配偶者貸付」という例外が設けられています。「本人に収入がない場合でも、配偶者とあわせた年収の3分の1以下までであれば貸付可能」という内容です。しかし、大手の消費者金融でこの配偶者貸付が行われているところは、現在のところありません。対応している金融業者は非常に少なく、小規模な消費者金融の中にいくつか配偶者貸付対応の業者が存在している程度です。

 

消費者金融の配偶者貸付に申し込む際には、住民票など婚姻関係を証明することができる書類、運転免許証など本人確認書類、配偶者の同意書が必要となります。さらに、限度額によっては、収入証明書の提出が必要になる場合もあります。 銀行カードローンの場合には、カードローンを申し込んだ銀行のキャッシュカードを持っている場合には、即日融資が可能となっているのですが、持っていない場合にはカードが郵送されてくるまでに1週間程度かかるようになります。

主婦がカードローンを利用する場合に在籍確は必要は??

主婦でも在籍確が必要ないから旦那さんに内緒にできて安心

そして、やっぱりというか意外というか、旦那さんに内緒で借り入れをしたい主婦の方は多いようです。主婦の方でもクレジットカードの支払いができないなどで、消費者金融を利用するケースは増えています。現在、消費者金融やカードローンの在籍確認は怖くないです。今時、在籍確認でいきなり金融機関名や消費者金融を名乗る事は滅多にありません。また、主婦のキャッシング審査で、勤務先への在籍確認はありません。主婦の審査でなくても、カードローンの審査は、誰が申し込んでも、自宅に電話が行くことはありません。一人暮らしで携帯電話がないというケースではかかることもありますが、そんなケースは今の時代はありません。普通は、本人の携帯電話に確認して終わりです。

 

無収入の主婦のキャッシングでは、旦那の収入によって借り入れします。旦那の職場に在籍確認の連絡をされるケースは、主婦の方が申し込みをした時に、旦那に安定した収入があれば貸付できるというケースがあります。その際、旦那が本当に申し込みで記載した職場で働いているか、在籍確認の電話をされる場合があります。もし、申し込みをした業者から、旦那の職場に電話で在籍確認をすると言われた場合は、すぐに断って申し込みをキャンセルすることです。電話連絡は、貸金業者の名前では無く、個人名で電話するのですが、心当たりのない人から電話が来ると、感づかれてしまいますし、旦那が職場にいて、電話を取ってしまうとカードローンの申し込みをしていることがバレてしまいます。カードローンの申し込みをすると、通常、後日ローンカードや、契約書類が郵送で自宅に届きます。

 

現在はお金の貸出しを制限する総量規制という法律により申込者本人に収入がなければ借りられなくなっていますが、銀行運営のカードローンは総量規制対象外となっています。旦那の会社に在籍確認をされることはありません。どの銀行カードローンでも、このルールは共通です。理由は、まず第一に、主婦としてその女性が生活できている時点で、夫に安定収入があるという事がわかっているからです。